レンタカーでプーケット

レンタカーで自由にプーケットを周ってみるのはいかがでしょうか?

プーケットは道路の状態が比較的よく、また日本と同じ左側通行、右ハンドルですので、雰囲気や景色の違いに慣れてしまえば、運転自体はさほど難しくありません。(マナーはあまりよくないので、事故には十分注意しなければなりませんが。)

車を借り移動の足を確保して、好きなところを自由に周れれば、旅の満足度がグッと上がります。
プーケットは大きな島ですので、ビーチによって全く雰囲気も変わりますし、足を確保することで一般旅行者があまり訪れないような、ローカルな雰囲気を味わうことも可能です。

車をレンタルする際に気になるのが治安に関してですが、プーケットの治安は十分に安全と呼べるレベルだと言えます。タイの中でも、プーケットは最大の観光地で毎年1000万人以上の旅行者が訪れるリゾート地です。タイ国にとってプーケットは、外貨を稼ぐ重要な拠点なのです。プーケットで外国人が犯罪に巻き込まれると、旅行者数が減少して、稼ぎ出す外貨の額に大きな影響がでてしまうので、この点について、タイ政府とプーケット県自治体は、かなり神経を使っています。外国人に対しての犯罪は厳しく裁かれる傾向があるので、プーケットはタイの他のエリアと比較しても安全な地域ということができますので、安心してレンタカーで島を回ることができます。車を運転している人が、拳銃やナイフで脅されるといった類の犯罪はほとんどありません。

プーケットは大きな島なので、常時タクシーやトゥクトゥクを利用すると、思った以上に車代がかかります。
例えば、プーケット空港からパトンビーチまでは、1000バーツ程度かかりますし、主要な観光地を回るのも、同じくらいの金額がかかります。
パトンビーチに滞在している観光客が、プロンテープ岬へ観光に行き、その帰りにカタビーチのホテルでランチを食べて、その後、ホテルに戻る行程をタクシーで移動するだけで、レンタカー代以上の費用がかかってしまいます。

This entry was posted in ツアー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です